安心で快適な療養生活をサポートする訪問看護ステーションのメディナス

お問合せ・ご相談

03-5829-8241

訪問看護が求められる理由

>

訪問看護が求められる理由

なぜ、今 
訪問看護なのか?
超高齢社会の到来

現在わが国では75歳以上人口が加速度的に増え続けており、1980年に366万人であったのが、2005年には1164万人、2030年予測では2266万人となっています(※1)

2025年人口の1/3が65歳以上の高齢者となり、2060年のピークまで超高齢社会が到来。

 

※1 総務省統計局国政調査結果、国立社会保障人口問題研究所:日本の将来推計人口より

医療政策は病院から在宅へ!

今後の更なる高齢化により、長く病を抱えながら生活する人々が増加することが考えられます。

これに伴い、医療においても、病気を治すことに主眼を置く「治す医療」に加えて、患者とその家族を対象とし、生活を主眼に置きながら支援して行く「治し支える医療」が求められるようになってきています。

その理由は、国家財政にかかる社会保障費の問題です。

高齢者が増加する一方、益々増加する社会保障費が国の財政を圧迫。行政の医療政策は「長期入院にかかる医療費の抑制」や「効率的な病床の活用」を目的に、病院から在宅への療養環境の移行を進めている。

地域包括ケアシステム

厚生労働省が示した「病院から在宅」へという流れの中で、国も、2025年をめどに「地域包括ケア」の実現と在宅医療の推進に向けて加速しています。

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、多職種連携体制づくりを考えた時、医療と生活モデルの両方の橋渡しができる「訪問看護ステーション」はその中核になるはずです。

お問合せはコチラ

03-5829-8241

高収益事業

厚生労働省が示した「病院から在宅」へという流れの中で、国も、2025年をめどに「地域包括ケア」の実現と在宅医療の推進に向けて加速しています。

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、多職種連携体制づくりを考えた時、医療と生活モデルの両方の橋渡しができる「訪問看護ステーション」はその中核になるはずです。

通所介護や訪問介護と比較した場合の収益性

訪問看護ステーション数はまだまだ不足

訪問看護ステーション数は、訪問介護、通所介護の事業所数と比較した場合、その数は未だ5分の1、4分の1の事業所数しかなく、需要に供給が追いついていない状況です。

超高齢化社会になると予想される2025年には12000か所の訪問看護ステーション数が必要と試算されています。

訪問看護ステーションの数と今後の展望

訪問看護ステーションの数は毎年増えています。2015年4月現在では、病院や診療所の見なし訪問看護も含めると、9,356

中央社会保険医療協議会 第312回「在宅医療その4201511月11

本看護協会日本問看護全国訪問護事業協会の3団体が策定し「訪問看護アクション202在宅での死亡率を現在の12.5%からオランダ、フランス並み30%に行く為には、平成26年度の全就業看護師約150万人の中で、4万人程度しかいない訪問看護師を15万人まで増やさなければならないと謳っています。

現在の訪問看護ステーションの実態を見てみますと、小規模経営が多く、平均3人~5人未満のステーションが全体の約60%を占めている状況ですが、2025年に向けて、訪問看護ステーションが目指す姿は「多機能化「大規模化」です。日本全国どこでも24時間365日、いつでも必要な質の高い訪看護サービスを届けることが望まれるからです(同訪問看護アクションプラン2025より

現状の趨勢を考慮すると、少しでも早めに訪問看護事業へ参画することがポイントとなります。

corporate  (C)2018 KAIGO NEXT. All Rights Reserved.